ダイヤ工業株式会社

ダイヤ工業のイベント情報や新商品情報をアップしていきます。



イベント・出展情報

 

  • 2017年09月02日
    9月30日(日)に岡山市ダイヤ工業健康複合施設ロコステにて「ロコフェス」が開催されます。お近くの方は是非遊び行かれてはいかがでしょうか?

会場:健康複合施設 ロコステ(ダイヤ工業株式会社内)
   〒701-0203 岡山県岡山市南区古新田1125
   ℡:
086-282-1245


鍼灸フェスタOSAKA

2017年08月06日

運動器のサポーティングシステムメーカーが推奨する未来の治療院像

~院内で出来る簡単なテストを用い運動器の健康チェックサービス~

講師: 山崎圭太


鍼灸師は意外と知らないコルセットメーカーのリーディングカンパニーダイヤ工業が参加されます。
当日は、本館3階にて、コルセット体験会も行います。是非、普段使わない最新式コルセットなども体感ください。
メーカーが描く未来像ってどんなだろう?
ぜひ、セッションも楽しんでください。

 
現在、国内では「健康寿命の延伸」が健康増進に関する基本方針の1つとして挙げられていますが、2013年の厚生労働省の調べで、この健康寿命の最大の敵である要支援・要介護になった要因の第1位は運動器障害であることが明らかになりました。運動器の健康を維持していくことが健康寿命の延伸に向けた重要な動きとなります。

しかし、運動器の健康を維持・改善するといっても、まず自分の運動器がどのような状態なのか分かっている人は多くありませんし、痛みが出ない限りは健康であると思っている方が多くいらっしゃいます。そこで、ダイヤ工業では、自身の運動器の状態を知り、早くからトレーニングなどで気を付けていただけるように、運動器の状態を数値で視覚化できるシステム「bonboneチェックシステム」を開発し、その実証実験を行いました。

このbonboneチェックシステムでは、施設内でできる簡単なテストを用いて、6つの運動器の要素である筋力、筋持久力、柔軟性、敏しょう性、バランス、移動能力を測定します。握力計で握力を測ったり、片足立ちを何秒保持できるかを測ったりといった、全11項目のテストから選択して測定を行います。その結果をシステムに入力すると、数値をもとに「運動器年齢」や低下している要素を判定するだけでなく、機能改善のためのトレーニングメニューを提案することができます。今回、実施した実証実験では岡山県内の先生方にご協力頂き、はじめに基礎データとして測定を行い、表示されたトレーニングメニューを指導して頂きました。それから約3か月後に再度、同じ測定を行ったところ、参加者のおよそ80%が運動器の健康状態を維持・改善することができました。

このシステムが、自分の生活習慣を見直すきっかけを作り運動器の健康維持・増進に貢献するだけでなく、地域の治療院が運動器をサポートする拠点となり、業界全体の活性化につながることを願っています。