鍼灸フェスタの楽しみ方 その10 ~実技セッションのココをみて~

キャリア30年以上の臨床経験の長い先生方に、うまい鍼灸師の見分け方というのを聞いたことがあります。

そうすると共通して出てくるのが、『患者を寝かした後の立ち位置』だそうです。

患者を観察する、脈を取る、鍼をうつ、こういった時に立つ立ち位置で「あの人は口だけやな!!」と一発で分かるそうです。

是非、色々な先生の立ち位置をみてください。

他にも鍼を刺入する方法だけでも、管鍼術から飛鍼術と多種多様ですし、またそれぞれの先生方によって1つ1つの動作には目的があります。

今回の鍼灸フェスタではこういった実技セッションを見た際に、一挙手一投足の意味を考えて、なぜ?と疑問を持って演者にぶつけてみて下さい。

目から鱗の答えが返ってくるかも知れません。

さて、ここで問題です。
この写真の人は「鍼が上手でしょうか?キャリアは何年ぐらい?何を考えて鍼をうっているのでしょうか?」